ゆったリッチに暮らす方法

心も身体もゆったりとリッチに暮らすための日々を綴るブログ

戻り鰹が旬の今、簡単に鰹のタタキを作る方法

f:id:happylife1003:20190901152930p:plain

 

戻り鰹が美味しい時期になりました。

 

ご家庭でも簡単に美味しい 鰹のタタキを作る方法をお伝えします。

 

 

 

鰹の旬の時期

 鰹には初鰹戻り鰹の年に2回の旬があります。

 

初鰹とは

 

鰹は春先になると餌を求めて、黒潮にのって九州の方から北上してきます。
4月から6月の間に水揚げされるものが初鰹です。
赤身でさっぱりしています。
 
 
 

戻り鰹とは

 
餌を求めて北上した鰹は、北海道付近まで行くと、産卵のためUターンして南下してきます。これを戻り鰹といいます。
時期で言うと、9月から10月頃に漁獲されるものです。
脂がのっています。

 

タタキを作るにはどっちがいいの?

 

初鰹はタタキ、戻り鰹はお刺身とよく言われますが

お好み次第でどちらでも大丈夫です。

私は初鰹はさっぱりしているのでお刺身でいただき、戻り鰹は脂がのっているのでタタキにする事が多いです。

 

 

中華風鰹のタタキを作ってみましょう

 材料

鰹  一節(300gぐらい) 皮は除く

 

中華たれ

酢・・・大匙2

醤油・・大匙2

ゴマ油・大匙1
(ごま油は濃い口がお勧め)

 

たれに入れる薬味

ねぎ、しょうが、にんにくをみじん切りにして適量

 

盛り付け用薬味

みょうが、大葉(しそ)、いりごま(白いいりごま)

 

f:id:happylife1003:20190901231431j:image

 

f:id:happylife1003:20190902142237j:image
薬味はこれくらい細かく切ります。

 

 

作り方

 

下ごしらえ

皮を除いた鰹をキッチンペーパーで包み、余分な水分を取る。

血合いは取り除きます。

鰹が大きい場合は二つに切る。

皮がついたまま焼いて皮を焦がすのは、口当たりが良くないし苦いので皮は除きます。

 

f:id:happylife1003:20190901231026j:image

 

 

f:id:happylife1003:20190901213003j:plain
photo AC

 

鰹は切り口が三角になるように、こんな形のを選ぶと見栄えが良くなります。

 

 

 

① フライパンを熱しごま油大1を入れる

 

② 強火のまま、鰹の各面を3~5秒焼く

      三角の形の鰹の一節  

  三角形の3辺を順番に焼いていきます。

  お勧めは、一面3秒

 

  いち、に、さん  3秒ですよ。

 

 

③ 全ての面を焼き付けたら氷水につけて冷やす

 

f:id:happylife1003:20190901231231j:image

 

④ 粗熱がとれたら、水気を拭き 鰹の表面にごま油をさっと塗る

   ごま油を塗るのがポイントです。

  手の平にごま油をつけて、鰹全体にさっと塗って下さい。

 

 

f:id:happylife1003:20190901231347j:image
切り口はこれぐらいの火の通りがベストです。

 

 

⑤ ペーパーに包み冷蔵庫で冷やす

 

鰹一節だと多い場合はここで冷凍します。

我が家も夫婦二人なので冷凍することが多いです。

 

冷凍方法

 

 鰹を焼いて、氷水に入れ、水気を切って、ごま油を塗った時点で

キッチンペーパーに包みラップをして、冷凍します。

 

解凍するときは冷蔵に戻して。

半解凍のほうが、綺麗にカットできます。

 

 

f:id:happylife1003:20190901231537j:plain
こんな感じにスライス

 

 

たっぷり薬味をのせ、たれをつけていただきます。

 


f:id:happylife1003:20190901231541j:image

 

タタキにたれを全部かけてしまうと たれに入っている酢と鰹の脂が混ざって

白濁して白っぽくなり見た目がよろしくありません。

 

取り皿に鰹をとって少量かけるのがお勧めです。

 

 

 

 

f:id:happylife1003:20190901213456j:plain
photoAC

こんな風に串に刺して火で焼かなくても、フライパンで簡単にできますよ。

 

鰹の栄養素の効果

 高たんぱく質 

カツオは、魚の中でも上位に君臨する高たんぱく質なDHAとEPAが豊富です。

カツオに含まれている不飽和脂肪酸(ふほうわしぼうさん)は主に、DHAとEPAになります。

DHAは脳の働きを活性化し、EPAは血栓を予防する効能があると言われています。

EPAの働きで血液サラサラ。中性脂肪、コレステロールの調整をします。

血中の中性脂肪やコレステロール値を調節する効果があります。体内の中性脂肪も減らすことができるので、肥満の解消に効果的と言われています。

バランスの良い栄養素が疲労回復に効果的です。

 

参考資料 

https://www.cezarskitchen.com/ja/%E3%82%AB%E3%83%84%E3%82%AA%E3%81%AE%E6%A0%84%E9%A4%8A%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

カツオの栄養について - Cezars Kitchen

 

 

まとめ

 

血栓予防や中性脂肪の調節

夏バテしやすいこれからの時期、疲労回復にも効果抜群!

 

フライパンで簡単に鰹のタタキを作ってみてはいかがでしょうか?